令和元年度「創意工夫を生かした特色ある学校づくり」支援事業

 『牧野小学校・五條西中学校一貫教育の推進』
 教育基本法に定める義務教育の目的を達成するために、子どもの発達段階に応じた教育を9年間計画的かつ連続的に行い、将来的に義務教育学校の実現も視野に入れた小中一貫教育を推進する。
 また、五條西中学校区は、現在『子どもの良き大人への成長』を牧野小学校と五條西中学校の共通の教育目標として掲げ一貫教育を推進している。良き大人への成長とは知徳体のバランスのとれた成長を意味している。
○ 知的成長の面では、主体的、対話的で深い学びの推進を軸にコミュニケーション能力、論理的思考力、読解力の育成を目指す。
○ 徳育的成長の面では、規範意識、自尊・他尊感情、自己肯定感の向上などを目標に、ボランティア活動、オアシス運動、キャリア教育等を推進する。
○ 体育的成長の面では、体力の向上を主として早寝早起き朝ご飯や継続的な運動・トレーニングの奨励等を推進する。

* なお、本事業は五條市教育委員会の指定を受け、単年度目標を設定しながら、「義務教育課程一貫」の完成に向けた複数年度による取り組みを行っている。
  

令和元年度牧野小学校・五條西中学校一貫教育の推進

写真 【小中一貫教育推進部会の整備と実施】
五條西中学校区では、今年度も『子どもの良き大人への成長』を牧小・五條西中共通の教育目標として掲げ、一貫教育を推進しています。九年間の義務教育課程全体を通じて、中学校を卒業する 時の姿を小・中双方がイメージし、全体像を把握しながら教育活動を行っていくものです。

写真 【小学生の体験入学、部活動の体験入部】
本年度は三学期に一週間、牧小6年生の体験入学を計画しています。西中校舎に通学すると共に中学校 の授業を受け、さらに3月末まで部活動の体験入部もスタートさせます。
また、これら以外にも、牧小6年生が本校の人権教育講演会や職業体験発表会に、牧小5年生が西中合唱コンクールに参加します。

写真 【牧小教育活動への西中教員の乗り入れ指導】
中学校の教科専門性をもち合わせた教員が、実際に小学校に出向き、授業を行っています。社会科や理科では、単元をしぼって6年生の授業を担当し、体育科教員はスポーツテスのト実技指導に出向きます。また、小学校からは、英語科や家庭科の教員が中学校に出向き授業を行います。

写真 【小中教員の相互授業見学と合同研修】
小中学校の教員間でも、校種間の授業の進め方の違いを認識しそれらの課題を克服すべく、両校の全職員がお互いの授業見学を行っています。また、小中一貫に向けた合同研修も、学期に1度のペースで実施していきます。