令和元年度学校教育目標

子どもたちの良き大人への成長
〜今日も来て良かったと思える学校〜

○自ら考え、節度ある正しい行動のできる生徒   (規律
○将来に向かって希望や目標をもって前進する生徒 (感動
○思いやりの心をもって共感し、尊敬しあえる生徒 (敬愛

【めざす学校像】
・笑顔の絶えない、明るく住みよい学校
・夢や希望の与えられる学校
・保護者や地域から信頼される学校

【めざす教師像】
・信頼され、尊敬される教師
・率先垂範する教師
・たえず研修と研鑽に励む教師

令和元年度学校教育目標を達成するするための学校経営の重点

@ 豊かな心をもった持続可能な社会(ESD)の担い手を育む教育の推進
学校生活の基本は、「あいさつ」と捉え、オアシス運動を通じて、他人の思いに共感でき、なかまと共に生き、思いやりや温かさのある生徒の育成に努める。
<具体的な取組>
○オアシス運動の推進。
○生徒会活動(クリーン活動やMAKIまつ)の推進。
○地域活動としての通学指導(見守り活動)など。

A 自らの態度を律し、確かな学力と学習力を高める集団づくりの推進
学校は生徒に夢や希望を与え、そして大きな感動の与えられる場所である。生徒が自らの態度や行動を律しながら、学業に専念し得る逞しい生きる力を育ませるための基礎学力の向上に努める。
<具体的な取組>  
○授業時間の確保。
○朝の読書活動。
○基礎学力の定着を図るドリル学習。
○長期休業中の学習活動(外部指導者による学習活動)。
○小・中・高校との交流活動。
○郷土学習(文化遺産等の歴史学習)の推進。
○保護者対象とした家庭教育講座の開設。

令和元年度の研究主題

現在進めている牧野小学校との小中一貫教育をさらに研究・推進しており、児童生徒交流・教員の乗り入れ授業・小中合同行事などを計画している。

<3つの一貫>
○教育目標の一貫
 ・義務教育の期間で、子どもを「良き大人」へと成長させる
 ・子どもが「今日も来て良かった」と思える学園
 ・9年間のシラバス作成
○教育技法の一貫
 ・アクティブ・ラーニング
 ・専門教科担任制(英語・体育・理科・技術家庭等)
 ・学びの技法の共同研究・研修
○教育評価の一貫
 ・学力(学んだ力・学びに向かう力・学びを役立てる力)の科学的な測定
 ・子どもの育ち(知・徳・体)
 ・学校評価
 ・PDCAサイクル