五條市立野原小学校
明治7年 7月 立専舎(野原)他  開校
明治9年 7月 野原小学校・牧小学校等と改称
明治20年 4月 野原尋常小学校・牧尋常小学校等と改称
明治23年 4月 野原村と牧村合併に伴い、野原尋常小学校に合併
明治41年 4月 義務制六か年となり尋常高等小学校と改称 (高等科併設)
昭和16年 4月 野原国民学校(南宇智国民学校)と改称  義務育八か年となる
昭和18年 7月 職員児童の作業により県下にさきがけプール竣工
昭和22年 4月 六・三制実施・義務教育九か年・野原町立野原小学校
(南宇智村立南宇智小学校)と改称・中学校を併設
昭和24年 4月 中学校を分離
昭和32年 7月 プール竣工
昭和32年 10月 市制実施にともない五篠市立野原小学校と改称
昭和32年 12月 屋内体育館竣工
昭和33年 10月 五篠市に合併・五篠市立南宇智小学校と改称
昭和34年 3月 屋内体育館竣工
昭和44年 4月 旧南宇智小学校と合併統合し新五條市立野原小学校発足
昭和45年 12月 新校舎竣エ(五條市野原町220)
両校舎より移転、五篠市立野原小学校実質統合完了
昭和46年 12月 屋内体育館竣工
昭和49年 9月 プール竣工
昭和48〜49年 学校環境緑化コンクール特選校となる
昭和50〜53年 学校環境緑化コンクール優秀校つづく
昭和60〜62年 勤労生産学習研究推進校
(文部省・奈良県教育委員会・五篠市教育委員会指定)
平成5年 「性教育」研究推進校(五篠市教育委員会指定)
平成5年度大規模改修(南校舎)
平成6年 平成6年度大規模改修(南校舎)
平成7年 平成7年度大規模改修(管理棟)
平成8年 市指定交通安全教育推進モデル校
平成8年度大規模改修(体育館)
平成10年 学童・生徒のボランティア活動普及事業協力校
平成16〜18年 県指定小学校「早期英語教育」研究モデル校
平成16〜17年 市指定研究推進校
平成18年 指定研究推進校、早期英語教育発表
平成19年 耐震工事を行う
平成25年 体育館耐震工事を行う
学校概要

・沿革

 野原小学校の校区は吉野川の南に位置し、高台にある校舎からは金剛山や吉野川を一望できます。また、周りには田園風景、南には日本有数の柿の産地が広がり自然豊かな環境に恵まれています。
 校庭にはたくさんの桜の木が植えられており、春になると一面が桜色に染まります。
 夏には草花や昆虫とふれあい、秋にはさつまいもがたくさん収穫されます。
 冬には、年に数回ですが雪が積もり、校庭が真っ白になると子どもたちは雪だるまを作ったり雪合戦をしたりと楽しんでいます。
Nohara Elementary School